新着情報 News & Topics

Home > 新着情報 News & Topics

2018年貸切のご利用について

★2018年貸切のご利用について

新棟や森エリアの貸切についてお問い合わせをいただきありがとうございます。
穂高養生園は下記の要件で貸切をおこなっています。

1)貸切日までに代表の方が養生園へご宿泊されたことがあること
2)養生園の理念をご理解いただいていること
3)宿泊されるグループさまの活動内容やご希望の時期によってはご宿泊いただけない場合があります

2018年から料金などを改訂して貸切のご案内をする予定です。
貸切をご希望になる方は、

・グループ名(HPや紹介文があれば添えてください)
・代表者名
・代表者がこれまで養生園に来園されたことがあるか否か
・貸切希望の日程(2泊以上、2018年4月以降)
※現在のところ、森エリアについてはすべて週末の予定が埋まっている状況です。
平日または新棟(12名まで)の貸切については週末の貸切も可能な場合があります。
・滞在の目的や活動内容
・ご宿泊人数(森エリア:10~15名、新棟9〜12名)

上記の内容を明記のうえ
メールアドレス: info@yojoen.com
までお問い合わせください。
追って担当者よりご連絡を差し上げます。

8/10〜5泊、8/16〜3泊「BON!サイレントデトックスプログラム」を開催いたします

お盆期間中にサイレントデトックスを開催します。

「BON!サイレントデトックス」
8/10(金)〜5泊 ロングバージョン
8/16(木)〜3泊 ショートバージョン

お盆、喧噪を離れた森のなかで沈黙のときを過ごしましょう。
このプログラムでは食事と情報だけでなく、コミュニケーションもデトックス。
約束された沈黙のなかで過ごすのは思いのほか心地よく、心と身体に静かに向き合うのにぴったりです。
養生園の中では長い期間のデトックスですが、ちょうど良いタイミングで水分やティー、ジュースを補給するため、
思いのほか心地よい空腹で過ごすことができるでしょう。
また、長い沈黙がはじめての方にも、ヨーガ・瞑想などのプログラムや
森のスタッフのサポートがありますので、安心してご参加ください。

沈黙と半断食が明けたとき、そこにある感覚はあなただけに届くギフトです。

くわしくはこちら

穂高養生園メールニュース vol.187 2018/08/04〈立秋:夏から秋へ移りゆく森から〉

穂高養生園メールニュース vol.187 2018/08/04〈立秋:夏から秋へ移りゆく森から〉
ホリスティックリトリート穂┃高┃養┃生┃園

キッチンでは
枝豆をぷちぷちぷちぷち
とうもろこしをぽろぽろぽろぽろ

夏のお野菜を毎日お料理しています

朝夕には、涼しい風が吹いて、
秋の香りが近づきつつあることに気づきます

夏から秋へ
少しずつ、でも確実に移りゆく森から
おたよりをおおくりします

Hotaka Yojoen
www.yojoen.com

—————————————–

もくじ

=養生園へのご来園が便利に!
~「中房線 定期バス」のバス停ができました~

=「里の家」「新棟」空室状況
=静かな時間が必要なあなたへ
=YOJOENセラピーのすすめ!
=夏~秋のワークショップ
=イベント
=ななのつぶやき~6回目~
=編集後記

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=養生園へのご来園が便利に!
~「中房線 定期バス」のバス停ができました~
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

これまで、安曇野周遊バスのバス停だけがあった「有明山神社」に
「中房線 定期バス」のバス停ができました。

穂高駅と有明山神社を結ぶ約20分の道のり。
安曇野周遊バスよりも停車する場所が少なく、早いです。
料金は安曇野周遊バスと同じ500円。

このバス、周遊バスの運行がない9月、10月の平日にも
運行されますので、養生園へのご来園がぐっと便利になります。

ぜひご活用ください。

「中房線 定期バス」運行日・時刻表はこちら
http://www.nan-an.co.jp/modules/bus/nakafusa/

また、「安曇野周遊バス」と「中房線 定期バス」の両方の運行がない
11月には、有明駅との間を送迎する「秋のおひとりさま滞在プラン」を
企画しています。

こちらもどうぞご利用ください。

「秋のおひとりさま送迎プラン」
http://www.yojoen.com/workshops/ws2018/ws_ohitorisama_aki.html#main

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=「里の家」「新棟」空室状況
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

お盆期間中、里の家と新棟はありがたいことにほぼ満室となっております。
お盆前後のご宿泊がおすすめです。
最新の空室状況はこちらをごらんください。

【里の家】ご予約状況 http://www.yojoen.com/reservation/index.html#cal
【新棟】ご予約状況 http://www.yojoen.com/reservation/pr_reserv.html#pr_cal

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=静かな時間が必要なあなたへ
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

こんにちは。養生園スタッフのくみです。
お盆の時期に開催しているサイレントデトックス。

今年で3年目になりました。

このデトックスプログラムを企画するのに至ったのは、
ある一定期間、コミュニケーションを断つことの心地よさを
10日間の「ヴィパッサナー瞑想」を通して知ったからです。

コミュニケーションをデトックスすると、
自分がどれだけ人と関わることに気持ちと時間を
割いているのか、ということに気づきます。

私にとってそれはものすごいエネルギー消費量でした。

もちろん、関わることの喜びもたくさんあるのですが、
仕事や家族のこと、いろいろな場面で心をつくし続けていると
ふとその状況をリセットしたい気持ちになります。

コミュニケーションがなくなったときの爽快感は
ためしてみないとわからないもの。

食事をデトックスして、胃腸を休めるのと同じように
コミュニケーションをデトックスして、脳や心を休め、
その分のエネルギーを今までに行き渡っていなかった部分に供給します。

そうすることで、今まで気づかなかったことや、新しいアイデア、
身体の回復にエネルギーが行き届き、
これまでと異なる感覚を得ることができるように思うのです。

お盆、どこの観光地に行っても人にあふれているこの期間に
涼しい森の中で一人の時間を過ごす。
そしてその一人の時間のなかで自分の大切にしている光を見出す。
こんな贅沢な時間を共有できたら。

今年もこのサイレントデトックスを参加者のみなさんと一緒に
過ごすことが楽しみでなりません。

----------
●森のBON!サイレントデトックス 【おすすめ】
~静かな森で心身の声に耳をすませる~
・ロング: 2018年8月10日(金)~15日(水)[5泊6日]
・ショート: 2018年8月16日(木)~19日(日)[3泊4日]
----------
●森の夏野菜デトックス 【あと男性1名】
~大地のエネルギーとともに~
2018年8月27日(月)~29日(水)[2泊3日]
———————————–
詳細・ご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/detox.html

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=YOJOENセラピーのすすめ!
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

8月にはいって、セラピーのご予約も
ぐんと増えてきました。

養生園でのセラピー、聞き慣れないものもあるので
どれを受けたらいいですか?と聞かれることもよくあります。

なかでも「トレガー・アプローチ」と「エサレンボディワーク」は
よく質問をいただくセラピー。

「トレガー・アプローチ」は、着衣のまま受けることのできるセラピーで、
体の部分部分をゆらしたり、バウンシングすることで
体にある「トリガー」をやさしく外してゆきます。
ピアノが本来の音を出せるように調子を整えるのが調律師だとしたら、
身体を調律して、本来のパフォーマンスをうながすのが
トレガーのセラピストかもしれません。

「エサレンボディーワーク」は、オイルを使用して
全身を波のようなリズムのロングストロークでマッサージするセラピー。
施述する人とされる人、そして周りの自然環境が一体となって
お互いを受け入れあい、ありのままを肯定してゆきます。
エサレンの後にはマインドフルネスを感じることも多いかもしれません。

養生園以外ではなかなか受けることのできない
このセラピーもどうぞ試してみてください。

セラピーの詳細はこちら
http://www.yojoen.com/therapies/index.html

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=夏~秋のワークショップ
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

10月までのワークショップを募集中です。
森の中で自然の営みを感じながら過ごすワークショプ。
どうぞご参加ください。

———————————-
● 森のヨーガホリデー【ご予約受付中】
~森のなかで心身を見つめ、自らを慈しむ~
————
日程:2018年8月6日(月)~8日(水)
参加費:42,000円 [2泊3日](税込)
最小催行人数:5名
※+6000円で個室のご利用が可能です。
詳細・ご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/yoga.html#main

———————————-
● ’ワタシの森’と出会う 【キャンセル待ち】
~夏の森をぬけて…自分を感じるアートワーク~
————
日程:2018年8月31日(金)~9月2日(日)
参加費:48,000円
案内人:津山文子(アトリエBambini)
詳細・ご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/ws2018/ws180831_art.html#main

———————————-
● 森のリトリートプラン【あと男性1名】
~森のなかでただただゆっくりゆったり~
————
日程:2018年8月24日(金)~26日(日)
宿泊費:26,000円(税込) [2泊3日]
詳細・ご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/ws2018/ws180824_retreat.html#main

———————————-
●アレクサンダーテクニーク&ヴォイスワーク
~からだとこころを癒し、声を通して自分の存在の
響きを見つけるためのワークショップ~
————
日程:2018年9月6日(木)~9日(日)
参加費:65,000円(税込)[3泊4日]
詳細・ご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/ws2018/ws180906_alexandertechnique.html#main

———————————-
●YOJOEN地球を感じるリトリート
~野生の森に親しむ3泊4日~
————
日程:2018年9月14日(金)~17日(月・祝)
参加費:58,000円(税込)[3泊4日]
詳細・ご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/ws2018/ws180906_alexandertechnique.html#main

———————————-
●身体をひらく、大地とつながる。
~ウルトラライトハイキングの手法から~
————
日程:2018年10月12日(金)~14日(日)
参加費:48,000円(税込)[2泊3日]
詳細・ご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/ws2018/ws181012_ul.html#main
———————————-

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

=2018年イベント

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◎ギターの音に包まれて~夏のおわりのやさしい時間~

ギタリスト鈴木之博 さんによるアコースティックギターのミニライブを開催します。
夏のおわり、床にごろごろしながら、読書をしながら、お好きなスタイルでギターの音にひたりませんか。

——-
日時:2018年8月20日(月)19:30~
場所:里の家ホール
料金:無料
ご予約:不要(穂高養生園にご宿泊中の方専用のイベントです)
———————————

◎不定期開催ヘアサロンyojoen atelier

11月までのヘアサロン開催が決定しています。
Junさんのカットは頭のなかから軽くなるような、不思議な時間。
最近は事前に満席をいただいているため、ご来園時のご予約が難しくなってまいりました。
ご希望の方は事前にお申し込みください。

日時:
9月18日(火)・9月19日(水)
10月16日(火)・10月17日(水)
11月19日(月)・11月20日(火)・11月21日(水)
————
場所:穂高養生園「木と人カフェ」
料金:カット6,000円(税込)
切る人:高柳 潤(たかやなぎ じゅん)
from omotesando atelier(表参道アトリエ)
———————————

※養生園にお泊まりのゲストのためのイベントです。
ご宿泊の際にご予約ください。

イベントの詳細は こちらhttp://www.yojoen.com/workshops/events.html

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=ななのつぶやき~6回目~
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

こんにちは、養生園スタッフのななです。

8月に突入しました。
養生園の今シーズンの営業も折り返し地点を過ぎました。

私は今シーズンだけここで働くことを決めて、やって来たのですが、
折り返し地点をまわる前に、これまでのメールニュースでお届けした通り、
目的である「下山すること」を完了しました。

なので、残り半分ここにいる必要があるのか?
とか、いるならどう過ごしたいのか?
とかとか、モヤモヤ考えていたんですが、
自分が担当したワークショップで行ったワークが、
モヤモヤをクリアにしてくれました。
今回は、そのことについて話したいと思います。

私は7月前半に「やさしいコミュニケーション」
というワークショップを担当しました。
このワークショップでは、NVC(Nonviolent Communication)
と言われる「共感」で自分や周りとつながるコミュニケーション方法を
いろんなワークを実践しながら学びます。
そして、その「共感」は、自分もしくは周りが何を見て
どういった感情を抱いているか、
その感情の根底にはどういったニーズがあるのか、
を理解し表現し合うことで感じることができると考えています。
(こちらは私なりの表現であること、ご承知おきください。)

この共感のプロセスを、トランプを使って学ぶ
「共感トランプ」というものがワークの一つとしてありました。
「共感トランプ」は、さまざまな感情が書かれたカードと
さまざまなニーズが書かれたカードで構成されるものです。
感情であれば、「怖い」「悲しい」「好奇心がある」などなどのカードが、
ニーズであれば、「ユーモア」「お祝い」「自立」などなどのカードが、あります。
共感トランプの遊び方は、以下のような流れです。

1)4人程度のグループをつくる。
2)1人の人(話し手)が話す(その人が話したいことならなんでもOK)。
3)残りの人(聞き手)がその話を聞いて、
その人の感情に該当する感情のカードをどんどん出す。
4)話し手がその中からピンとくるものを数枚選ぶ。
5)聞き手が4)で選ばれた感情カードを見て、
その感情の根底にあるニーズになっていそうなものをどんどん出す。
6)話し手が5)の中から、感情カードにぴったりなニーズを選び出す。
  (これによって、自分の感情とニーズにつながることができる。)
上記のことを一人10~15分程度の時間で、順番に行っていきます。

私は、共感トランプを講師の方々とやらせてもらって、養生園での暮らしで感じていることをつらつら話したところ、
6)は以下のような感情→ニーズとなりました。
 ありがたい  → 自分にとっての真実/本物さ
 無力感のある → 貢献/寄与
 混乱している → 選択
 希望に満ちた → 挑戦

そして、並べられたカードを改めてじっくり見て、、、
ここに来たことは、自分にとっての真実に向かっていく感じがしていて
、ありがたく感じつつも、
自分のために来たがゆえに、周りへの貢献への比重が低くなり、
無力感を感じているということ。
その無力感を感じる度に、いや自分のために来たんだと思う自分も登場して
混乱しているということ。
だからこそ、どちらにどのぐらいの比重を置くか、
選択する必要があること。
そして、下山完了のおかげだと思うのですが、
挑戦というニーズが出てきていること。
というのが今の私の感情とニーズなんだと理解することができ、
スッキリしました。

そして、自分のためにというベクトルにもう少し舵を切って、
残りの時間を過ごすことにし、
今後、何に挑戦していくか?そのために今、
何に挑戦する必要があるか?を考えていこうと思えたのでした。

一人で考える時間ももちろん大切ですが、
共感トランプみたく、ゲーム感覚で、
人の力も借りて行うというアプローチ、新鮮で楽しかったです。

そして、こんな風に一人一人が安心してありのままを
表現できる場所って少ないんだろうなぁということを
養生園に来てから、ますます感じるようになっています。
このあたりに自分を役立てられる何かが
見つかるといいなぁと思う今日この頃です。
ここらへんに私の挑戦と貢献のニーズを満たすものがありそうですね。

それではまた。

(スタッフ・なな)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=編集後記
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

日中は暑い日が続きますが、
森のそこここに秋の気配が近づいています。

くずの花、萩の花がほころび、ミズヒキがひょーんと伸びて、
栗は青々としたイガをつけて。

夜になると、ひんやりとした空気が
そろそろと部屋に入ってきて火照った家のなかを冷やし、
コオロギは美しい声を響かせています。

暑さには困りながらも
確実に終わり始めた夏を愛おしく思う今日です。

(スタッフ・くみ)

■■■ホリスティックリトリート穂高養生園■■■

〒399-8301長野県安曇野市穂高有明7258-20
HP:www.yojoen.com
MAIL: info@yojoen.com
TEL:0263-83-5260(8:00~18:00)

・ スタッフブログ穂高養生園、日々のこと。」http://yojoen.exblog.jp/
・「やよいの厨房日記」http://yayoijoen.exblog.jp
・Facebook https://www.facebook.com/HotakaYojoen
・Instagram https://www.instagram.com/hotakayojoen/?hl=ja

*引用、転載を希望する方は、ご連絡ください。
Copyright(c) hotaka yojoen All Rights Reserved.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつもご愛読いただきありがとうございます。
メールニュースへ登録されたい方は、
こちらから解除可能です。http://www.yojoen.com/contact/index.html#mailnews

【穂高駅←→有明山神社】定期バス運行開始のお知らせ

安曇野周遊バスとは別の運行会社による
定期バスのバス停が「有明山神社」に設置されました。(中房温泉行き定期バス)
※有明山神社から当園までは徒歩5分程度です。

安曇野周遊バスよりも運航日が多く、9月、10月の平日も利用が可能です。

時刻表はこちら
http://www.nan-an.co.jp/modules/bus/nakafusa/

穂高駅から有明山神社まで所要時間は20分程度、
料金は500円です。

ご来園の際は、安曇野周遊バスとあわせてご利用ください。

この度の水害について:こころよりお見舞い申し上げます

穂高養生園よりこんにちは。
今朝、ようやくすこし晴れ間が見えて、雨の途切れはじめた穂高です。

この度の西日本を中心とした水害においては被災された方々へこころよりお見舞いを申し上げます。
また、養生園の状況についてもたくさんのご心配をいただき、ありがとうございます。
こちらは現在のところ大雨による大きな被害はなく、養生園も通常通り営業中です。

この水害のために電車の遅延や運休、大雨による被災などでご来園いただけない場合は、日程の変更やキャンセルによるご返金など個別に対応させていただきます。どうぞご相談ください。
電話:0263-83-5260
メール:info@yojoen.com

被災地においては今もなお予断の許されない状況かとは存じますが、
1日も早い復旧と皆様が日常生活に戻れるよう、こころよりお祈り申し上げます。

穂高養生園

「 ”はじめての”養生園リトリートのすすめ」upしました

ブログに「”はじめての”養生園リトリートのすすめ」をアップしました。

はじめて養生園へ滞在を検討されている方へ、
ガイダンスのような内容になっています。
よかったらごらんください。

「”はじめての”養生園リトリートのすすめ」↓
https://yojoen.exblog.jp/28312242/

当園代表インタビュー掲載本:「一緒に冒険をする」(西村佳哲さん・著)が発売されました。

養生園代表、福田俊作のインタビューが掲載された
西村佳哲さん著「一緒に冒険をする」が弘文堂さんより発売されました。

「治療ってなんだろう?」養生園をはじめた前後のエピソードからたぐりよせてゆく、今日に続く物語です。
養生園の受付でも販売をはじめました。
ぜひお手にとってみてください。

アマゾンでの購入はこちら

* YOJOEN2018年からの変更点のお知らせ*

——————————————————–
* YOJOEN 2018年からの変更点のお知らせ*
——————————————————–

(1)個室のご用意について

これまで、里の家ではハイシーズンにおける個室のご用意をお断りしていました。2018年より、多くの方からの個室のご要望にお応えし、よりゆったりとした環境を提供するため通年で一定数の個室をご用意する予定です。
新棟パーソナル・リトリートについてもこれまで通り、一定数の個室のご用意が可能です。
個室料金はこれまでと同じく、1泊あたり+3000円をいただきます。ご予約の際はどうぞご利用ください。
————-

(2)ハイシーズン料金の設定について

ハイシーズンには毎年たくさんのゲストにお越しいただいております。その中で快適にお過ごしいただける環境を保つよう、各セクションのスタッフ増員等が必要となるため、2018年より、ハイシーズン料金を設定しました。

期間:GW(4/28~5/5)、お盆(8/10~18)、三連休(7/14~15、9/15~16、9/22~23)
料金:1泊あたり+2,000円をいただきます。

ハイシーズンにおいては料金面でのご協力を賜ることとなり、大変心苦しいのですが、個室をご用意する分、里の家においても従来と比較してゆとりのある滞在をしていただけるのでは、と考えております。どうぞご理解とご協力をお願いいたします。