新着情報 News & Topics

Home > 新着情報 News & Topics

穂高養生園メールニュース vol.209 2019/6/02〈芒種:夏がはじまった森から〉

穂高養生園メールニュース vol.209 2019/6/02〈芒種:夏がはじまった森から〉
ホリスティックリトリート穂┃高┃養┃生┃園

初夏の松林を賑わすハルゼミが
合唱をはじめました

雪が溶け、雄々しい姿を現した
北アルプスの山々

日に日に水量を増し
透明な雪解け水を運ぶ川のせせらぎ

川から引いた水を
たっぷりと含んだ水田とそこに潜む生物の営み

暑い季節ががはじまったことを
ひとつひとつの現象が目に鼻に耳にうったえてくるような今日

穂高の森からおたよりをお送りします

Hotaka Yojoen
www.yojoen.com

—————————————–

もくじ

=養生園でヨーガをするということ
=ワークショップご案内
= やさしいコミュニケーションはじめませんか?
= 森のデトックスプログラム
=身体にも環境にもやさしいシャンプー”余白”の使用をはじめました
=ともの森便り vol.2
=特急あずさのチケット購入のこと
=編集後記

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=養生園でヨーガをするということ
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

現在、森のエリアでは毎年恒例の
伝統的なヨーガのワークショップが開催されています。

養生園のデイリープログラムでもおこなう、伝統的なハタ・ヨーガ。

身体をゆっくりと動かし、心地よくそこにとどまるアーサナ(ヨーガのポーズ)。
最小限の努力で、自分が心地よいと思う範囲内で。
そしてアーサナを解除したとき身体全体にひろがる深いリラックスの感覚。

養生園のヨーガに参加される方のなかには
「私は身体がかたいのでヨーガができないんです」
とおっしゃる方が今も大勢いらっしゃいます。

でも、伝統的なハタ・ヨーガには柔軟性は必須ではりません。
体調などで日々変化してゆく、自分の身体が一番心地よいと思うアーサナ。
その状態を観察し、感じ取ること、
そして緊張が解除されたときの感覚を感じ取ること。
アーサナと呼吸法のあとに訪れる沈静化された心の感覚を、
誰でも今日からはじめられる、身近なヨーガを、
大自然の整った時間の中でどうぞ体験してみてください。

圧倒的な自然環境に囲まれた養生園という環境であるからこそ
実感できるヨーガの効果があるはずです。
街中では体験できない、ヨーガに最適化されたこの場所の価値を感じていただけたら嬉しく思います。

通常の宿泊での養生園のヨーガプログラムは
火(朝)・木(朝)・土(朝)・日(夜)。
また、ワークショップでは「YOJOENヨーガ・ステイ」を開催しています。

「里の家」ご宿泊予約はこちら
http://www.yojoen.com/reservation/index.html

「新棟」パーソナル・リトリートご予約はこちら
http://www.yojoen.com/reservation/pr_reserv.html

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=ワークショップご案内
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

9月までのワークショップ募集を開始しました。

----
YOJOENヨーガ・ステイ【空室わずか】
~マインドフルネス・ライフをあなたに~
森の中でヨーガの生活を。
自然に沈み、ヨーガで心身を整えませんか。
■2019年7月12日(金)~15日(月・祝)〔3泊4日〕
参加費:58,000円
■2019年8月2日(金)~4日(日)〔2泊3日〕
参加費:42,000円
案内人:養生園ヨーガスタッフ
http://www.yojoen.com/workshops/yoga.html#main

---ー
森の夏休み子どもキャンプ!【空室わずか】
~子ども時代を子どもらしく~
今年の子どもキャンプは3泊!
森の生活はすべてがあそび!
自然の中で思いっきりあそびましょう。
日程:2019年7月26日(金)~29日(月)
参加費:子ども一人32,400円(税込) [3泊4日]
*保険料込み
対象:小学2年生~中学3年生
案内人:穂高養生園スタッフ
http://www.yojoen.com/workshops/ws2019/ws190726_kodomo.html#main

---ー
森の夏休みおとなのリトリート【空室わずか】
~森のなかでただただゆっくりゆったり~
森の中でただただのんびり、ゆったりと過ごしましょう。
※子どもキャンプの親御さんのみ参加可能です。
日程:2019年7月26日(金)~29日(月)
宿泊費:37000円(税込) [3泊4日]
http://www.yojoen.com/workshops/ws2019/ws190726_retreat.html#main

---ー
マインドフルネス・リトリート
~いま、ここを感じる森の休日~
夏の終わり、美しい森のなかで、ゆるやかな休日を過ごしませんか。
「~いま、ここを感じる森の休日~マインドフルネス・リトリート」は
豊かな自然環境のなか、”いま、ここ”にあることを感じるリトリートです。
日程:2019年8月29日(木)~9月1日(日)
参加費:51000円(税込) [3泊4日]
案内人:穂高養生園スタッフ
---ー

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
= やさしいコミュニケーションをはじめませんか?
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

本当に伝えたいことが奥深くにあるのに、
口を開くとなぜか違う言葉が出てきてしまう。
自分自身や、周りからの批判に傷ついて、
その言葉への反論と自分への非難を行ったり来たりする。
そんな経験をしたことはありませんか?
あなたは、自分が本当に伝えたいことを話していますか?
傷ついたとき、腹が立ったとき、何に耳を傾けますか?

NVC(ノンバイオレント・コミュニケーション)は、
アメリカの心理学者M・ローゼンバーグ博士が創造したつながりを生み出す対話法です。
批判や、一方的な判断にもとづく善悪を手放してありのままのそのひとの、
いちばん大切なものとつながる。
関わるすべてのひとの真実を尊重することで誰にとっても幸せな、
新しく創造的な解決への道を開く。

このワークショップでは、世界とあたたかなつながりを持つための新しいものの見方を紹介し、
自分を受け入れて、周りに耳を傾ける対話法を共に学びます。
単に『技術や知識を学ぶ』だけでなく、ワークショップ中、互いの関わりの中で、
全体を大切にしながらその精神を『生きる』ことを実践していきます。
親子、カップル、友人、学校、職場…
コミュニケーションする、すべての方におすすめします。

講師の鈴木重子さんからのメッセージです。↓
----
今年もまた、みどり濃い7月の養生園で、
やさしいコミュニケーションのリトリートを開くことができるのを
本当に幸せに思っています。

心を開いて、自分の真実を語り、
思いやりを持って、相手を聴くことで、
新しい関係と、いのち溢れる人生のドアを開く、
NVC。

人生の中で、いま、どんな場所にいて、
どんな悩みや疑問があり、
どこに行きたいのかを
対話の中から見つけたい方、
一緒に時間を過ごしませんか?

------
日程:2019年7月19日(金)~23日(火)
参加費:88,000円 [4泊5日](税込)
講師:鈴木重子・安納献・小笠原春野
http://www.yojoen.com/workshops/ws2019/ws190719_nvc.html#main

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=森のデトックスプログラム
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

いよいよ夏がはじまりました。
今年も森のなかでおこなう夏のデトックスプログラムを募集しています。

ひんやりとした森のなかにひとり身を置いて、
じっくりとその浄化をしませんか。

雪解け水の冷たい川、しっとりとした森の苔、
見上げるとギラギラとした太陽をさえぎる大きな木々の葉。
森にある全ての自然があなたのデトックスを助けてくれます。

---------------

森のハーバルデトックス
~ハーブの恵みに包まれて~
ハーブが最もエネルギーを増すこの季節にその恵みをいただきながら、
森の中でデトックスしましょう。
半断食のジュースや温泉、サウナにもふんだんにハーブを使用して…。
この季節だけの特別な香りとともに心身を浄化しませんか。
----
2019年7月5日(金)~7月7日(日)[2泊3日]
参加費:32,000円
---------------

森のBON!サイレントデトックス
~静寂のなかで心身と向き合う~
期間中、3日間を約束された沈黙のなかで過ごします。
長い沈黙がはじめての方にも、ヨーガ・瞑想などのプログラムや
森のスタッフのサポートがありますので、安心してご参加ください。
沈黙と半断食が明けたとき、そこにある感覚はあなただけに届くギフトです。
ーーーー
2019年8月10日(土)~15日(木)〔5泊6日〕
参加費:85,000円
---------------

森の夏野菜デトックス
~吹き出す大地と太陽の恵みをかりて~
夏、吹き出すような大地と太陽のエネルギーのなかで育った養生園のお野菜は、
少しだけでも沢山の滋養をくれるパワーフードです。
暑さのなかでためこんだ疲労は、涼しい森のなかでリセットしましょう。
ーーーー
2019年8月22日(木)~25日(日)〔5泊6日〕
参加費:52,000円
---------------

詳細とご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/detox.html

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=身体にも環境にもやさしいシャンプー”余白”の使用をはじめました
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

穂高養生園では、各棟の温泉すべてでシャンプー”余白”の使用を開始しました。
養生園で不定期ヘアサロンを毎月開催していただいている
表参道atelier代表の高柳潤さんが長年開発に携わってこられた製品です。

「日本人の髪質と肌質にあった、余計なものをいれない、まっすぐな商品をつくりたい」
そんな思いで開発がはじまった余”yo”シリーズ。
養生園で使用している”余白1”には
ローズマリー葉エキスやセンブリエキス、スギナ葉エキス、トウキ根エキス、
ホホバ種子油、ラベンダー油、スイートオレンジ油、ティーツリー葉油、ニュウコウジュ油をはじめ
たくさんの植物由来の成分が使用されています。

田んぼに流しても問題ないくらい、環境にやさしく、身体にもやさしい。
これまでの環境重視のシャンプーでは考えられないような使用感の良さ。

養生園では、園内のアメニティをできるだけシンプルに管理するために、
このシャンプーを全身シャンプーとして利用することになりました。
頭皮に良いものは、全身にも問題なく使えることを確認しています。

さて、養生園のスタッフもこのシャンプーを毎日使っています。
みなさんよりも少し早めに使い始めたので、1ヶ月ほどになるでしょうか。
使用してみた感想をお届けします。
・毎日、使うごとにツヤが増し、どんどんまとまるようになってきました。
長く使い続けることも試してただきたいです。
・石鹸シャンプーでパサパサになっていた髪の毛がしっとりと落ち着きました。
肌にもひりひりするような感覚がまったくなく、やさしさが伝わってきます。
・嫌味のない香り。1日の終わりにこの香りに触れると、
疲れが取れて爽やかな気持ちになって、お風呂が楽しみになります。
・成分を見ると、これはシャンプーというよりも美容液のようだな、と思います。
シャンプーとしては値段は高めで驚きましたが、頭皮や全身の美容液と考えれば安いな、と。
・Junさんから、「毎日、自分を整えるために使って欲しい」といわれたことを思い出しました。
髪を洗い、身体を浄化することがこんなにも日々のリセットに役立つのだと実感しています。

養生園にご来園の際はどうぞこのシャンプーをおためしになってください。
メーカーHP
https://www.takakura.co.jp/fs/takakura/c/hair_care

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=ともの森便り vol.2
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
すーーーっと背すじが伸びるような、
何かにもたれて体を預けるような、
子供の時みたいにパッと飛び出していくような、
日々移り変わる自身の心と身体を感じながら、あっという間に6月となりました。

こんにちは、受付インターンのともです。
初めての便りを読んでくださったみなさま、言葉を寄せてくださったみなさま、
ありがとうございます。
こそばゆく、それでいてほっとするような気持ちです。
それぞれ大きさや度合いはあれど、日々のどこかで実は感じていること、
でもわざわざ言葉にせず内に抱えていること、きっとあるのだと感じています。
また自分の中で形になった時、少しずつそのことも書けたらと思っています。

今日はまたお話ししたいことがあるのです。
お時間ある時に読んでくださいね。
そちらはここより早く春の芽吹きが訪れましたか。
穂高では今、毎日本当にたくさんのイノチがそこかしこに立ち現れ、
わたしはただただ見惚れてしまいます。
受付の朝のお仕事の1つで里の家に飾る花の生け替えがあるのですが、
わたしにとってその時間はイノチと対峙する大切な時間です。

これまで花を生けたことはほとんどないのですが、
植物との小さく微細なエネルギーの交換のようなひと時で、
毎回終わったあとは瞑想をした時のような静けさが立ちこめます。
初めての生け替えの時は、他のスタッフの方が前日に生けた花たちを
花瓶から抜き取ることにドキドキしたことを今でも覚えています。
最初こそ「こうしたら綺麗かな」など頭で考えて生けていましたが、
最近は、ただただ花にお任せする、そんな姿勢に変わってきたように思います。

花の生け替えはまず、前日に生けられた花たちの中からまだ元気なものたちを残し、
終わりを迎えた花たちは感謝を伝えて土に返します。
そして新たに花を摘む時、まずはその花にごあいさつします。
小さな声で言う時もありますが、大体は心の中で。
できればその花に寄り添っている虫にもごあいさつ。
いきなり切られて慣れ親しんだ場所から連れていかれるのは花たちが
不安になるような気がするので、なるたけゆったりとした気持ちで向き合います。

そうやって花たちと向き合っていくうちに、
段々と花それぞれの性格のようなものが見えてくるようになりました。
兄弟のような関係の花たち、気品のある凜とした花たち、
おっとりした花たち、たくさんのイノチがきらきらしていて、
ただ眺めているだけで楽しくなります。

ゲストさんやわたしたちが楽しむために摘ませてください、
そう伝えると、どうぞどうぞと言ってもらえます。
花を生けている時も、出番を待っている花たちを見ていると、誰かが小さく名乗り出ます。
そのとても小さな声が聴こえた時、花瓶に生けられた花たちは最初からそうであったかのように
ひとつのイノチとしてそこにあるように感じます。

ただ花たちに従って手を動かして生けた花々たちを見て、
そこに「わたし」がいないことを確認して、
ひとつひとつをそれぞれの場所へと送り出す、受付の仕事の中でとても大好きな時間です。

穂高は今、さわさわと心地よい風が吹いています。
柔らかく、時にはジリジリした日差しが降り注ぎます。
木の下ではひかりが踊っています。
虫たちは忙しく動き回り、時には花びらの中でまどろんでいます。
植物たちは嬉しそうに笑っています。
時々猫も通り過ぎますよ。
ふと思い出したらいらしてください。
お会いできるのを心待ちにしています。

それではまた。

心地よい夏の入り口を。
(とも)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=特急あずさのチケット購入のこと
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
こんにちは。スタッフのくみです。

今年、首都圏から養生園にいらっしゃったことのある方は
すでにご存知かもしれないのですが、
特急あずさのチケットに関するあれこれが
色々と変更されていたので、ご紹介したいと思います。
ご興味のある方はどうぞごらんください。
ーーーー
1)回数券・自由席は廃止されました
2)安く乗車するにはネットで購入する必要があります
3)チケットレスはさらに割引かれる
4)6月30日まではさらに安くなる可能性があります
5)土日の1泊であれば、こんなチケットもあります
ーーーー
1)回数券・自由席は廃止されました
まず、一番驚いたのは、あずさの回数券が3月で廃止されたこと。
以前までは、回数券が金券ショップや駅前の自販機でばら売りされていて、
1回あたり5000円前後で乗車することが可能でした。
この回数券が廃止されました。
また、自由席もなくなりました。全席指定ですが、
席の上のランプでその席が指定されているかどうかわかるようになっていますので
席についてから簡単に指定できます。

現在、あずさ特急券(乗車券付き)を通常の料金で購入すると
松本→新宿間が6496円になります。
乗車当日、窓口や券売機で購入するとこの金額になってしまいます。

2)安く乗車するにはネットで購入する必要があります
あずさに安く乗車するためには、乗車の13日前までにネットで予約する(30%off・4550円)、
または前日の深夜1時頃までにネットで予約する(10%off・5850円)必要があります。
つまり、従来の回数券よりも安く乗るためには、13日前までに予約する必要があるのですね。

ネットで購入するためには、
ステップ1:「えきねっと」に無料登録https://www.eki-net.com/top/index.html
※クレジットカードが必要です
ステップ2:希望の電車を予約
ステップ3:乗車前までに、券売機またはみどりの窓口で発券
※券売機の場合はクレジットカードの暗証番号が必要です

面倒ですが、慣れてしまえばどうってことないのでしょうか。。
お年の方などにはどうも難しそうなシステムです。

3)チケットレスはさらに割引かれる
さらに、チケットレスを選択すると、100円割引になります。(6月30日までは300円割引)
https://www.eki-net.com/top/ticketless/
ただし、チケットレスはスマホまたは携帯からのみ「えきねっと」で購入可能です。
チケットレスは、特急券のみの購入になりますので、乗車券はSuicaなどで支払います。
発券の必要がない分手軽です。

4)6月30日まではさらに安くなる可能性があります
6月30日までに長野にいらっしゃる予定がある場合は、さらに割引になる可能性があります。
20日前までの「えきねっと」からの予約で、
例えば松本→新宿間が50%off・3250円になります。
えきねっとを浸透させるためのキャンペーンのようです。
https://www.eki-net.com/top/tokudane/kakaku_osakini_sp.html?src=ekinettop

5)土日の1泊であれば、こんなチケットもあります
「中央線東京週末フリーきっぷ」
2019年9月30日までの乗車で、土日の2日間有効な往復切符です。
松本→新宿間の往復で乗車券が5200円。
前日までにみどりの窓口や指定席券売機で購入する必要があります。
また、あずさの特急券往復5000円の購入が別途必要です。

JRさん、もうすこしシンプルでわかりやすく、
誰にでも購入しやすいチケットにしてくれませんか?
と思わず言いたくなるような特急あずさのチケット事情のお知らせでした。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=編集後記
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

何年ぶりだろうか、というくらい久しぶりに風邪をひきました。

先日、所用があって東京に行ったのですが、
そこで普段はいただかないようなものをたくさん食べて、
いつもの1000倍以上の人混みを縫い、
いろいろと楽しくなってはしゃいだことがきっと要因のひとつです。

長野に帰って、早朝から夜までヨーガのワークショップを担当していたのですが、
いつもは心地よいはずのアーサナや呼吸法がつらく、まったくできない。
食事も口を通りません。

ワークショップが終了した日の夕方から完全にダウン。
熱が出て、咳が出て、鼻水が出て。
風邪ひきのフルコースです。

体調が悪いと、これが永遠に続くんじゃないかと不安になります。
そして、健康だった自分がいかに傲慢だったかも気づきます。
ときどき、養生園で風邪をひいてしまうゲストがいらっしゃるのですが
その心細さが今ならばよーくわかります。

あと数日、この不安と気づきとともに
風邪をひいたの心身を自己観察したいと思います。

(Kumi)

■■■ホリスティックリトリート穂高養生園■■■

〒399-8301長野県安曇野市穂高有明7258-20
HP:www.yojoen.com
MAIL: info@yojoen.com
TEL:0263-83-5260(8:00~18:00)

・ スタッフブログ穂高養生園、日々のこと。」http://yojoen.exblog.jp/
・「やよいの厨房日記」http://yayoijoen.exblog.jp
・Facebook https://www.facebook.com/HotakaYojoen
・Instagram https://www.instagram.com/hotakayojoen/?hl=ja

*引用、転載を希望する方は、ご連絡ください。
Copyright(c) hotaka yojoen All Rights Reserved.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■