新着情報 News & Topics

Home > 新着情報 News & Topics

穂高養生園メールニュース vol.211 2019/7/6〈小暑:涼しい川のほとりから〉

穂高養生園メールニュース vol.211 2019/7/6〈小暑:涼しい川のほとりから〉
ホリスティックリトリート穂┃高┃養┃生┃園
原生林へ歩いてゆくと
川をなでた冷たい風が
ここちよく頬を伝います
川のほとりで
冷たい雪解け水に足をひたして
目を閉じ、呼吸に意識をむける静かな時間
川の音がすべてを洗い流してくれるような
浄化の時間
涼しい川のほとりからおたよりをおおくりします
Hotaka Yojoen
www.yojoen.com
—————————————–
もくじ
=ベリーと夏野菜が主役です
=7月の3連休、森のヨーガステイへ
=2019年夏~秋のワークショップ
=代謝しやすい夏だからできること
=ともの森便りvol.4
=編集後記
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=ベリーと夏野菜が主役です
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
ストロベリーの季節が終わって、
ブルーベリー、ラズベリーの季節になりました。
あんずやネクタリン、ワッサーなど、
長野ならではのフルーツもたくさん出回っています。
道端には桑の実もたっぷりと実って。
甘酸っぱく、この季節にぴったりの果物たちは
蒸し暑い気候のなかで活動した心身の疲労感に
すっきりとこたえてくれます。
お野菜もいよいよ夏野菜が主役に。
きゅうりやなす、トマト、モロヘイヤ、おかひじき、コリンキー…、
色とりどりの華やかな食卓に自然と顔がほころんで。
おいしいおいしいごはんをいただきます。
ご予約状況カレンダーはこちら
http://www.yojoen.com/index.html  
「里の家」ご宿泊予約はこちら
http://www.yojoen.com/reservation/index.html
「新棟」パーソナル・リトリートご予約はこちら
http://www.yojoen.com/reservation/pr_reserv.html
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=7月の3連休、森のヨーガステイへ
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
自分の心地よさは自分でつくることができる。
ヨーガをしているとそのことを強く実感します。
誰と比べることもなく、
自分自身が安定して、無理のない姿勢を保つこと、
気持ちよく続けられる分だけアーサナ(ヨーガのポーズ)をしましょう。
アーサナが終わったら、プラナヤーマ(コントロールした呼吸)へ。
カウントしながら呼吸をコントロールして、自然な呼吸に戻る、
このことを続けてゆくと、
ざわついていた心がすっかりと沈静化されていることに気づきます。
最後はディアーナ(瞑想)。
アーサナとプラナヤーマの後のディアーナは、
集中しずらいいつもの瞑想とは違う感覚をもたらすでしょう。
ゆったりとした、ここちよいヨーガの世界へ。
一度経験したら、日常にもその体験が役に立ちます。
7月の3連休、ヨーガステイにどうぞご参加ください。
ヨーガ担当・エーリーより=====
鳥のさえずり、虫の声のなかで朝の目覚めのヨーガ。
すがすがしい空気の中でのカルマ・ヨーガ(奉仕の作業)。
最後の夜はみなさんで火を囲み、炎を見つめながら
自分とじっくり向き合う時間。
プログラムは自由参加となっていますので、
おひとりの時間も大切に。
7月、さわやかな風の通る森でお待ちしています。
(エーリー)
----
YOJOENヨーガ・ステイ
■2019年7月12日(金)~15日(月・祝)〔3泊4日〕
参加費:58,000円
■2019年7月13日(金)~15日(月・祝)〔2泊3日〕
参加費:46,000円
案内人:養生園ヨーガスタッフ
http://www.yojoen.com/workshops/yoga.html#main
---ー
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=2019年夏~秋のワークショップ
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
今、自分の心身にしてあげられること。
コミュニケーションのワークショップ、
ゆったりと自然に戯れるワークショップ、
そして”今、ここ”に意識をフォーカスするプログラム。
あなたの心身が必要なもの、ピンときたらどうぞご参加ください。
プライスレスな体験とギフトが待っています。
---ー
やさしいコミュニケーション【空席わずか】
~からだとこころを癒やし、声を通して自分の存在の響きを見つけるためのワークショップ ~
日程:2019年7月19日(金)~23日(火)
参加費:88,000円 [4泊5日](税込)
講師:鈴木重子・安納献・小笠原春野
http://www.yojoen.com/workshops/ws2019/ws190719_nvc.html…
---ー
森とあそぶ、おとなのためのリトリート
~わたしに還る2泊3日~
夏の3日間、”大自然とあそぶ 森のリトリート”を開催します。
原生林を歩き、川へ水遊びに。
露天風呂の後はデッキで大の字に。
ハーブを摘んでまったりティータイム。
ハンモックでゆらゆら、お昼寝。
森の空気をいっぱいに吸い込んで、ヨーガ。
夜は星空の下で火を囲みましょう。
こどもの頃のじぶんに戻ったように、感じるままに。
やりたいことをやってみる。
なんにもやらないのもよし。
それぞれのリズムで 大自然にゆだねたあなただけの時間を過ごしませんか。
日程:2019年8月17日(土)~19日(月)
参加費:40,000円
案内人:養生園森のスタッフ
http://www.yojoen.com/worksho…/ws2019/ws190817_retreat.html…
---ー
マインドフルネス・リトリート
~いま、ここを感じる森の休日~
夏の終わり、美しい森のなかで、ゆるやかな休日を過ごしませんか。
「~いま、ここを感じる森の休日~マインドフルネス・リトリート」は
豊かな自然環境のなか、”いま、ここ”にあることを感じるリトリートです。
日程:2019年8月29日(木)~9月1日(日)
参加費:51,000円(税込) [3泊4日]
案内人:穂高養生園スタッフ
http://www.yojoen.com/workshops/ws2019/ws1908_mr.html#main
---ー
アレクサンダー・テクニーク&ヴォイスワーク【new!】
~からだとこころを癒やし、声を通して自分の存在の響きを見つけるためのワークショップ~
緊張を手放し、本当にこころをひらくとき、声は澄んで深くなり、
からだは解放され、 自分と世界との間に、深く新しいつながりをもたらします。
様々なヴォイスワークとアレクサンダー・テクニークを学び実践されている
ヴォーカリストの鈴木重子さんを迎え、こころとからだの緊張を手放し、
身体という楽器の響きの可能性を探求します。ナチュラルで深く、
存在感のある、そのひとの「本当の声」を、共に探していくワークショップです。
アレクサンダー・テクニークを紹介し、歌うこと、声を使って表現する
ことのためのエクササイズやレッスンも行います。
日程:2019年9月26日(木)~29日(日)
参加費:65,000円(税込) [3泊4日]
講師:鈴木重子 安納献
http://www.yojoen.com/…/w…/ws190926_alexandertechnique.html…
---ー
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=代謝しやすい夏だからできること
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
8月、暑い雑踏から涼しい森の中へ。
夏は気温の上昇とともに体温があたたまり、血が巡りやすく、汗もかきやすい季節です。
森林散歩で足を動かし、ヨーガでしっかりと代謝をうながして、
身体にいれるものは最小限でやさしいものだけに。
この季節だからできる、夏のデトックスにいらっしゃいませんか。
お盆の時期ならではのゆったりスケジュールの
サイレントデトックスも参加者を募集中です。
プログラム終了後、あなたの心身の何かが確実に変化しているはず。
思い立ったときがデトックスのチャンスです。
---------------
森のBON!サイレントデトックス
~静寂のなかで心身と向き合う~
期間中、3日間を約束された沈黙のなかで過ごします。
長い沈黙がはじめての方にも、ヨーガ・瞑想などのプログラムや
森のスタッフのサポートがありますので、安心してご参加ください。
沈黙と半断食が明けたとき、そこにある感覚はあなただけに届くギフトです。
ーーーー
2019年8月10日(土)~15日(木)〔5泊6日〕
参加費:85,000円
---------------
森の夏野菜デトックス
~吹き出す大地と太陽の恵みをかりて~
夏、吹き出すような大地と太陽のエネルギーのなかで育った養生園のお野菜は、
少しだけでも沢山の滋養をくれるパワーフードです。
暑さのなかでためこんだ疲労は、涼しい森のなかでリセットしましょう。
ーーーー
2019年8月22日(木)~25日(日)〔5泊6日〕
参加費:52,000円
---------------
詳細とご予約はこちら
http://www.yojoen.com/workshops/detox.html
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=ともの森便り vol.4
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
梅雨らしくザーザー夜通し雨が降り
お昼にかかる頃 晴れ間が見えると
地面から濃密な水の匂いが立ち昇り
ああ夏が来る、そう思わせてくれる季節となりました。
こんにちは、受付インターンのともです。
養生園へ来て3ヶ月、ひとつの節目として髪を切りました。
キラキラ楽しい時、泣きそうなほどに感動する時、
なんだかもやっとする時、疲れてヘトヘトな時、
その時々の感情を感じて、感じて、感じ尽くして、
少しずつ古い自分を手放したその先に
ふと目の前に現れたのは小さな子供のわたしでした。
やっと出会えた小さなわたし、今日はそんなおはなしです。
わたしはここ数年、「何がやりたい?」と聞かれると
「何にもない!」と少しイライラしながら答える、
そのくらい本当に何も、なーんにも頭に浮かびませんでした。
なんなら「やりたいことがないとダメなのか!」と相手に食ってかかる時もあったほど…。
養生園に来てからも「何かやりたい」という明確な気持ちは湧いてこなかったのですが、
ある日ふと出たのは「お菓子を焼いてみたい」、数週間前のことでした。
その気持ちをしっかり受け取って、
お菓子作りが大の苦手だったわたしでしたが、一冊の本を片手に、
ひとつひとつレシピをなぞって焼いていきました。
ひとりだったり、誰かと一緒だったり。
たのしくてたのしくて寝るのが惜しくてたまらない、
そんな子供のような自分が少しずつ顔を出すようになりました。
そんな時、体調を崩しました。
「落ち着いて、ペースを落とせよ」、身体からのサインでした。
体調を崩したことで気持ちも塞ぎ、いろんな感情が出てきました。
そんな時は体を休めつつ、ひたすらそれらひとつひとつを感じ尽くしていく、
それが回復を早めることを実感として持っていたので、
布団の中でぼんやりとしたまま、出てきた感情を見つめていきました。
一見出口が見えないようなくるしい作業なのですが、
これはわたしにしかできないこと、
回復の兆しが見えたところでようやく
それをいまこのタイミングでさせてもらえることにありがたさも感じることができました。
そうしてやっと分かったことは、わたしの中にある確かな感情、
小さなわたしは一生懸命その感情を伝えてくれていることだということでした。
体調が戻ってからは、これがやりたい、あれがやりたい、と
小さなことから大きなことまでポコポコと浮かぶようになりました。
はやる気持ちを抑えながらもそれらをひとつひとつきちんとキャッチして、
「じゃあやろっか」
そのひと言をかけてあげられるようになったことがわたしの中での大きな変化でした。
こんなことも!?と思えるようなことも浮かんできて、
わたしってなんて面白いんだろう!と、
最近ではわたしはわたしに興味津々、
わたしの中の小さなわたしが見え隠れするのを感じるのがたのしいです。
わたしのことはわたしが一番よく分かっているなんて
そんなこと、全然ないのですね。
今日はどんなことを伝えてくれる?
ワクワクしながらたのしみに待っています。
どんな小さなものでも良いですよ。
どんなものでも受け止めます。
夏が近づいてきました。
日陰のある場所で寝転んだらとても心地がよかったです。
鳥の声も好きですが、イヤホンから流れてくる音楽もたまには良いものです。
穂高での初めての夏です。
そちらはどうですか?
また手紙を書きますね。
小さなあなたにもよろしくお伝えください。
それではまた。
まっすぐな夏を。
返信全員に返信転送新しいメールとして編集
(とも)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
=編集後記
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
かっこいい年配のご婦人とお会いしました。
一人は、今田んぼや畑を無料で貸してくれているお茶の先生。
先日お会いしたときは、黄色いGAPのTシャツをモンペにインして
美しいグレーヘアは短くカット。
田んぼの水をうっかり止めそびれて、あたりを水びたしにしてしまった私に
「誰でも失敗するわよ。お茶会の準備で忙しくしちゃって、気づかなんだでごめんね」
とやさしい言葉。
なんということでしょう。
もう一人は長期滞在してくださっていたゲストさん。
時々話してくださった、長い人生の歩みには、
つい仕事の手を止めてしまうようなドラマがあって
喜びがあって、哀しみがあって。
想像もできないほどたくさんの想いを抱えながらも
ごきげんで、はつらつと残りの人生を楽しもうとするその姿には
しらずしらずのうちに、いつもいつもはげまされていました。
長く滞在してくださったからこそ触れられたそのこころに感謝して、
また会えることを信じて、次のご来園をお待ちしたいと思っています。
かっこいい先輩たちの姿には、強い生命力があって
もっとじっくりと聞きたいと思うのでした。
((Kumi)
■■■ホリスティックリトリート穂高養生園■■■
〒399-8301長野県安曇野市穂高有明7258-20
HP:www.yojoen.com
MAIL: info@yojoen.com
TEL:0263-83-5260(8:00~18:00)
・ スタッフブログ穂高養生園、日々のこと。」http://yojoen.exblog.jp/
・「やよいの厨房日記」http://yayoijoen.exblog.jp
・Facebook https://www.facebook.com/HotakaYojoen
・Instagram https://www.instagram.com/hotakayojoen/?hl=ja
*引用、転載を希望する方は、ご連絡ください。
Copyright(c) hotaka yojoen All Rights Reserved.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■