森のマインドフルリトリート Mindful Retreat

Home > ワークショップ Workshops > 森のマインドフルリトリート Mindful Retreat

「今、ここ」に存在する自分を感じる

〜今、ただここにある自分〜

多忙な日常の生活の中では、過ぎ去った過去のことや、まだ起きていない将来のことを考え、ついついネガティブになってしまいがちです。

「森のマインドフルリトリート」は、豊かな自然環境の中、「今、ここ」に存在する自分を感じるというだけのプログラムです。

立ち止まり、座り、そして呼吸に意識をむけてみましょう。
そのままで、自由に、無批判に、自分らしくいることを受け入れる。
それだけで、自分の中の大切なものは何かを見出すことができるかもしれません。

ヨーガや瞑想、体にやさしい食事や散歩、シンプルな森の生活の中で今、ここにある自分を感じてみませんか。

開催日程:
  • ※料金は宿泊費、食費、プログラム参加費のすべてを含みます
最低催行人数:
3名

2014年のリトリートプログラムは終了いたしました。

森のマインドフルリトリート スケジュール

1日目

■13時
里の家へチェックイン
入浴後、お部屋へ移動
■15時半
ガイダンス
■17時半
夕食
■22時半
消灯

2日目

■8時
原生林散歩と瞑想
■10時半
朝食
■13時半〜
リラックスタイム(セラピー*、露天風呂、カフェでゆっくりなど自由時間)
■17時半
夕食
■20時
ハーバルサウナ
■22時半
消灯

*セラピーは料金別途。詳しくはこちらをご覧ください。

3日目

■8時
ヨーガと瞑想
■10時半
朝食
■12時〜
シェアリング/解散
  • ※ワークの内容、スケジュールは多少変更することがあります。ご了承ください。
  • ※全プログラム自由参加です。のんびりマイペースでお過ごしください。
  • ※参加者が最小催行人数に満たない場合は開催中止になる可能性があります。
    やむをえず中止になる場合は、一週間前までにお知らせします

● マインドフルワーク

自分を大切にするために、仕事をし、人と会い、様々なことに取り組んで、頑張っている…。でも、忙しい日々のなかで蓄積した疲労は、体の治癒力を低下させるだけでなく、自分自身や人生までも、否定的に捉えてしまいがちです。今はまず、疲れた心や体、内臓を休め、ただ今の自分のありのままに、「今、ここ」に意識を向けてみましょう。呼吸に意識を向け、自分の心の奥深いところとつながって、この瞬間の豊かさを体験してみましょう。

1日の中で、時折立ち止まり、座り、呼吸に意識を向け、自分が何を感じているか、何が起こっているか、そのままを感じてみましょう。

何かを得ようとするのではなく、今、居る場所で感じている通りに感じ、自分をあるがまま受け入れる。ただ存在することの純粋な喜び、その瞬間を「良い」「悪い」で判断・評価せず、そのままを受け入れる。意識的に、一度に一つのことだけを行い、自分はそのためにここにいると意識してみる。

自分に本当に大切なものは何か、心から愛しているものは何か。
心の奥深いところとつながって、この瞬間との関係を深く育ててみましょう。

ヨーガ

伝統的なハタ・ヨーガをもとにおこなう、身体の芯からリラックスするためのヨーガ。身体の小さな変化に耳をすませてみましょう。

森のお散歩

森のなかを歩き、今、ここにある満たされた自分に、ふと気づいてみませんか。

● 食事のこと

養生園の自然菜園や安曇野でとれた野菜をふんだんに使用した、1日2食の菜食料理です。

  • ※朝ご飯には天然酵母パンの朝食をお出しすることもあります。

● 持ち物

タオルや洗面用具、浴衣などのアメニティ類はご用意しておりません。各自でご持参ください。
ヨーガや散歩などのために動きやすい服装、野山歩きのできる靴、帽子などもお持ちください。

● その他

  • * お一人でご参加の方は基本的に相部屋(2人部屋)となります。ご了承ください。個室を希望の方は申込の際にご相談ください。
  • * 穂高養生園はセルフケアを目的としているため、園内での喫煙・飲酒はご遠慮いただいております。
自分を感じる 天然酵母パン 自然の中でゆっくりする

Page top