ワークショップ Workshops

Home > ワークショップ Workshops

[全4回]〜畑から食卓へ〜持続可能な自然菜園入門講座

土に触れ、土に学ぶ 北アルプスのふもとの自然菜園 お米を育てる 菜園での作業風景 収穫した野菜で料理

穂高養生園の自然のなかで農的暮らしを一緒に体験しましょう。

自然農法の田畑を持ち、自給自足の暮らしをしながら、雑誌や書籍でも活躍中の竹内孝功さんを講師に、今年も『〜畑から食卓へ〜持続可能な自然菜園入門講座』を開催します。

養生園がゲスト一人一人の健康と向き合いながら大切に育んできた、玄米菜食の食事。養生園の食事作りはお野菜作りからはじまります。

自然の力を最大限に活かすことを考えた、自然菜園の畑そして田んぼ。自分で種を蒔き、育てた野菜やお米、その美味しさと愛しさは格別です。

今年の自然菜園講座では、1日目の昼下がりに野良しごと。竹内さんの豊富な知識とユニークな発想を存分に吸収しながら土に触れましょう。翌日には、お野菜をたっぷりと使った菜食料理を養生園のスタッフと一緒に作ります。自分で育てた野菜や米を美味しくいただく。それだけのシンプルな暮らしがくれる、大きな幸せを共にわかちあいませんか。


養生園の自然豊かな環境の中、土に触れ、土に学ぶ。ライフスタイルチェンジのきっかけに、ぜひご参加ください。

日程:
全4回(各1泊2日)
・2014年11月8日(土)〜9日(日)
年に一回の大収穫祭!! 収穫したお米でお餅をついて、野沢菜のお漬け物も作りましょう。 来年の菜園プランを講師の竹内さんに相談したい人にもおすすめです。
参加費:
単発参加:19,500円 [ワーク参加費、1泊2日の宿泊費込](税込)
※ゆっくりと過ごしたい方は、里の家への前・後泊をおすすめします。
その場合、2泊3日お一人あたり30,300円(ワーク参加費込み)です。
講師:
竹内孝功(自給自足Life代表)
主催:
穂高養生園
持ち物:
農作業のできる服装、雨具、水筒、長靴、エプロン、三角巾
  • *宿泊費、食費、プログラム参加費のすべてを含みます。
  • ※養生園ではタオルや洗面用具、浴衣などのアメニティ類はご用意しておりません。
    各自でご持参ください。

年間日程

●5月の食べごろ:春の葉もの、山菜
野良しごと:春野菜のまびき、夏野菜の種まきと定植
クッキング内容:菜の花のちらしずし、山菜てんぷら

●7月の食べごろ:赤タマネギ、新タマネギ、にんにく、新じゃがいも、かぶ
野良しごと:田んぼのお世話、夏野菜のお世話、じゃがいもの収穫
クッキング内容:じゃがいものニョッキ、キッシュ

●9月の食べごろ:夏野菜(トマト、きゅうり、なす、ピーマン)
野良しごと:夏野菜の収穫、秋・冬野菜の種まき
クッキング内容:夏野菜のラタトゥイユ、夏野菜の冷静パスタ

●11月の食べごろ:新米、さつまいも、さといも、しょうが、かぶ
野良しごと:秋・冬野菜の収穫、来年の菜園計画とお片づけ
クッキング内容:もちつき、やきいも

ワークショップスケジュール

1日目

■12:00
里の家へチェックイン
■12:30
オリエンテーション
■13:00
畑へ移動/野良しごと、収穫など(講師:竹内さん)
■16:30
養生園へ移動
■17:30
夕食、質問タイム(竹内さんはここで終了)
■19:00
入浴

2日目

■8:00
ストレッチ&散歩
■9:00
みんなでお野菜クッキング
■10:30
朝食
■12:00
シェアリング
■12:30
解散
  • ※講師の竹内さんは1日目の夕食までの参加です。
  • ※スケジュールや野良しごと、クッキングの内容は、天候や作物の状況により変更になる可能性があります。
竹内孝功(自給自足Life代表)

講師プロフィール

竹内孝功(自給自足Life代表)

出身地: 長野県長野市。
自然農・自然農法を学び、自然食品店ナチュラルハウス勤務後、長野県安曇野市で、自給自足の暮らしをしながら、「育てる楽しさ 食べる幸せ 豊かさを分かち合う」をテーマに種採りもできる無農薬・家庭菜園教室を主催し、採れた野菜を食べるワンデーカフェなどを営んでいます。 著作『これならできる!自然菜園-耕さず草を生やして共育ち』(農文協)、『コンパニオンプランツで 失敗知らずのコンテナ菜園』(家の光)
ホームページ@自給自足Life

Page top