ワークショップ Workshops

Home > ワークショップ Workshops

2015/6/12(金)-14(日)森のボタニカル・ヒーリング〜庭をそだてる、野草であそぶ〜

森のボタニカル・ヒーリング 森のボタニカル・ヒーリング 森のボタニカル・ヒーリング 森のボタニカル・ヒーリング

養生園の森には、沢山の野生の植物が自生しています。 木と人カフェのまわりには、大切に育てられたお花やハーブ。 そんな植物たちが私たちに与えてくれるパワーは絶大です。

養生園の森エリアをフィールドに、植物にふれるやさしい時間を大切に過ごしませんか。

案内人は、森昭彦さん、森ひとみさんご夫妻。 昭彦さんはサイエンス・ジャーナリストとして、多くの野生植物に関する本を執筆する専門家。そして、ひとみさんは国立公園のガーデナーとして活躍し、植物を利用したクラフト作りにも長けた植物のエキスパート。 昨年に続いて、植物たちとのふれあいをサポートしていただきます。

お二人とお話して思うのは、植物や人、すべての命への深いやさしさ。 森さん夫妻と一緒に養生園のガーデンをお世話する時間、そして森の中を散策して植物に触れる時間を愉しみましょう。 ガーデニングのあとにはティータイム、 植物に関する質問、疑問にもお答えいただきます。 そして自分へのご褒美に野草のブーケを作って…。

ゆったりと森に滞在しながら植物に触れ、癒される。 植物の事が知りたい方、ガーデニングをこれからはじめたい方、植物が好きなのにお世話が苦手な方、植物を活かした生活を送ってみたい方、どうぞご参加ください。

森さん夫妻からのメッセージ

養生園の生命萌える初夏。穂高の豊饒な大自然に心を遊ばせてみませんか?
養生園のまわりには、日本古来の山菜、薬草、そして愛らしくも実は有用な雑草たちはもちろんのこと、西洋の可憐なハーブたちも元気よく咲き誇っています。
植物たちの不思議な物語、ガーデニング、フラワーアート、そしてちょっと役立つ生活の知恵まで、ちょっとびっくり、思わずにっこりな植物との時間を、私たちと一緒に過ごしませんか。
養生園リピーターの方も、安曇野に隠れている自然界の魅力を、この機会に発掘してみてはいかがでしょう。
野辺の植物たちが描き出す、とても複雑な情景の奥を覗いてみれば、広大無辺な「美と愉しみ」が待っています。

↓こちらで森昭彦さんのお話が覗けます。
ほぼ日刊イトイ新聞「みちくさの名前」
http://www.1101.com/michikusa/2010-05-14.html

↓森ひとみさんがガーデナーとして活躍する「国営武蔵丘陵森林公園」のサイトはこちら http://www.shinrin-koen.go.jp/area/arboretum.html

日程:
2015年6月12日(金)~6月14日(日)
参加費:
42,000円 [2泊3日](税込)
案内人:
サイエンスジャーナリスト・森昭彦
ガーデナー・森ひとみ
持ち物:
・トレッキングシューズのような歩きやすい靴
・日よけのための帽子
・軍手
  • *参加費、宿泊費、食費、プログラム参加 費のすべてを含みます

ご予約はこちら

ワークショップスケジュール

1日目

■13時
チェックイン開始・入浴を済ませお部屋へ移動
■15時
ガイダンス・自己紹介
■17時半
夕食
■19時
植物夜話(森昭彦さんが案内する植物の不思議な世界)

2日目

■8時
森の散策(昭彦さん)
■10時半
朝食
■12時半
森のガーデニング①(ひとみさん)
〜種まきと庭のお世話〜
〜くらしを助けるハーブの寄せ植え作り〜
ティータイム
~種まきと庭のお世話~
〜収穫と保存の方法〜
■17時半
夕食
入浴
■19時
森の植物夜話(昭彦さん)

3日目

■8時
森のガーデニング②(ひとみさん)
野草のブーケ作り(ひとみさん)
■10時半
朝食
■11時半
シェアリング(昭彦さん、ひとみさん)
■12時半
解散
  • ※スケジュールは変更になる場合があります。ご了承下さい。
森昭彦

講師プロフィール

森昭彦

69年生。サイエンス・ジャーナリスト、ガーデナー、自然写真家。
おもに関東圏を拠点にフィールド・ワークによる生態系研究に従事。
著書に『身近な雑草のふしぎ』、『身近な野の花のふしぎ』、『ファーブルが観た夢』(いずれもサイエンス・アイ新書)等多数。
新聞・雑誌・書籍等に研究内容や写真などを多数提供。

森昭彦

森ひとみ

国営武蔵丘陵森林公園にてガーデナーとして植栽管理、デザイン担当。マミフラワー登録講師。国営公園内や横浜山手西洋館フェスタなどで講師や企画展への作品製作・提供を行う。

Page top