ワークショップ Workshops

Home > ワークショップ Workshops

2017/9/16(土)-18(月・祝) シンプルライフのすすめ!
~描く、選びとる、これからの生き方~

シンプルライフのすすめ! シンプルライフのすすめ! シンプルライフのすすめ! シンプルライフのすすめ! シンプルライフのすすめ!

養生園が健やかな心身を保つために大切にしている『食事、運動、リラックス』。

ただ、いざ日常に戻った時、それを実践することが既に難しい生き方や社会システムのなかに身を置いている人が多いようです。

身の回りにたくさんの物や情報があふれて、流行や便利に流されたくらし。
気がつけば、自分の軸がどこにあるのかわからなくなって、自分自身をおろそかにする生活になることもあるのかもしれません。

「シンプルライフのすすめ」は”自由になれる、身の丈暮らし”をテーマにしたドミュメンタリー映画『simplife(シンプライフ)』を起点にして、心身の整理整頓とこれからの生き方への準備をはじめるワークショップ。

迎えるのは、小さく豊かに暮らす家”タイニーハウス”ビルダーの竹内友一さん、トレーラーハウスをDIYしてミニマムに暮らす「greenz.jp」シニアエディターの増村江利子さん、岐阜での移住生活をはじめた「マー・マー・マガジン」の服部福太郎さん、そして農的なくらしを実践しながら活動するミュージシャン「かむあそうトライブス」のメンバー・やじー&たつさん。

シンプルでクリエイティブな暮らしを実践する色彩豊かなゲストとともに過ごし、その生き方を感じて。
グループワークを交えた3日間の中であなた自身のニーズを整理整頓して、近い未来をイメージしましょう。

いま、養生園でこれからの生き方を自分自身で描き、選びとる準備をしませんか。

●映画「simplife」のこと

simplifeは、「身の丈の暮らし」をテーマにしたロードムービー。アメリカ西海岸で広がりを見せる「タイニーハウス・ムーブメント」のパイオニアたちを訪ね、小さな暮らしや多様なライフスタイル、コミュニティとの共生など、新しい幸せのカタチをさがしにいきました。様々な理由からタイニーハウスを選択した人たちの暮らしはとても個性的。ものを手放したことで、たくさんの自由を手に入れることに成功しています。そんな人たちの言葉や暮らしの景色から、自分らしく生きるためのヒントが見つけられるかもしれません。

日程:
2017年9月16日(土)~18日(月・祝)
参加費:
48,000円(税込)[2泊3日]
ゲスト:
竹内友一(タイニーハウスビルダー)、フリーランスエディター増村江利子、 服部福太郎(マー・マー・マガジン)、やじー&たつ(from かむあそうトライブス)※順不同
ファシリテーター:
穂高養生園スタッフ
  • *宿泊費、食費、プログラム参加費のすべてを含みます。

ご予約はこちら

スケジュール

1日目

■13時
チェックイン、宿泊棟へ移動
■15時半
ガイダンス、自己紹介
■17時半
夕食
■19時半
オープニングゲスト「やじー&たつ(fromかむあそうトライブス)」ライブ&トーク

2日目

■8時
グループワーク1「養生園ウォーク&コンセプト紹介」
※グループワークの説明・グループ分け/夜のワークの準備として
■10時半
朝食
■12時半
「simplife」上映
■14時
おやつ&ティータイム
■14時半
トークセッション「シンプルライフから見える景色」
■16時
入浴
■17時半
夕食
■19時半
グループワーク2「養生園にタイニーハウスを建てるなら」
※具体的なシンプルライフのモデルケースを考え、自分の中にあるニーズを探り、整頓する。

3日目

■8時
グループワーク発表&フューチャードローイング
■10時半
朝食
■12時
シェアリング
■13時
解散
  • ※プログラムは変更する場合があります。
竹内 友一

ゲストプロフィール(順不同)

竹内 友一 |たけうちゆういち

1974年生まれ、山梨県北杜市在住 。Tree Heads & Co. 代表。
20歳で渡欧、イギリスやオランダのクリエイターの下で修行をしながら、オリジナルの立体作品を制作、国内外で発表。8年後帰国、立体作品の制作を休止。以降、人と自然をつなぐ体験プログラムの制作に専念。2008年から小屋の制作開始。2010年、株式会社ツリー ヘッズ設立。ツリーハウスやタイニーハウスの制作をしながら全国 各地を旅する。
ライフスタイルの変化から、アメリカで大きな社会運動になっているタイニーハウスムーブメント(小さな暮らし)を仲間と共に取材、2017年 3月 自主制作のロードムービー「simplife」完成、全国 41 カ所で上映会を開催。

増村江利子

増村江利子|ますむらえりこ

国立音楽大学卒。Web制作、広告制作、編集を経てフリーランスエディター。二児の母。犬2匹、猫3匹とともに、長野県諏訪郡の賃貸トレーラーハウスにて“小さく暮らす”をモットーにDIY的暮らしを実践中。

服部福太郎

服部福太郎|はっとりふくたろう

大手ゲーム会社勤務を経て、『マーマーマガジン』ほかオルタナティブな書籍の出版会社、エムエム・ブックス代表。会社経営から、出版社営業、ホリスティックグッズのウェブ販売、出版物の広報までマルチに担当している。マーマーマガジンフォーメンでは、企画・編集にも携わる。同誌にて「福太郎が行く 仕事のかみさまがすきな人」連載中。出版社営業では、取次会社に頼らない、直取引をはじめとする独自の方法を切り拓いている。2015年春から、妻で文筆家の服部みれいの故郷・岐阜・美濃へ移住。2017年から「50noen」五十嵐武志さんを講師に迎え、冬期湛水・不耕起移植栽培による田んぼづくりをスタート。趣味は、絵を描くこと、刺し子をすること、サーフィン、大工仕事、自転車。1980年生まれ。

やじー&たつ

やじー&たつ(fromかむあそうトライブス)

2009年結成、当初百姓仲間による村おこしバンドとしてローカル食堂、道の駅の一角などでライブ活動を行っているうちに異色の存在として注目を集め、瞬く間に活動拠点を拡げ列島内外を駆け回る事に。
ルーツロック~アコースティックレゲエ~ポップス~ダブ~ブラジリアン~アフロ~パンクロック~ジャム~童謡、、、形容はし難いが、各々の仕事に誇りを持ち山間地域に根をおろし生活する彼らのグルーヴはプロミュージシャンの持つ其れとはまた違う、独特のユルさと吸引力を持つ。
現在レコードリリースツアー真っ最中の彼らであるが、今回は"simplife"に共鳴し、鍼灸師でもあるシンガーソングライター"やじー"と畳職人の百姓ドラマー"たつ"が穂高養生園にて合流!一夜限りのスペシャルセット!乞うご期待。

Page top