ワークショップ Workshops

Home > ワークショップ Workshops

2018/8/31(金)-9/2(日) ’ワタシの森’と出会う~夏の森をぬけて…自分を感じるアートワーク~

アートワーク アートワーク アートワーク アートワーク アートワーク アートワーク

夏の終わり、養生園の森でアートワークショップを開催します。
案内人は「アトリエBambini」主宰の津山文子さん。
このアートワークショップに絵のテクニックは不要です。
描くことに親しみのある人もない人も、性別や年齢、職業、病気も今までの趣味嗜好も全ての枠を取り外して、ただ森のなかで表現しませんか。

以下、案内人の津山文子さんよりメッセージです。

’ワタシの森’と聴いて、今何が思い浮かんでいますか?

何色の空が広がったでしょう。
音が聴こえますか。 
土や草いきれのにおいが漂ってくるかもしれません。
そこにはたくさんのいきものが蠢いています。

森は、あなたにとってどういう場所でしょう。

穂高養生園のゆたかな森。
夏の濃密な風や空、夏のひかり、山々、草いきれや土の匂い、川の流れ、虫の声…

自分の外側の世界に触れながら、自分の内側の世界に触れる。

夏真っ盛りの森の中で過ごす三日間。
自分の森とつながり、わたしの森が現れる。

穂高養生園の森の風景と混ざり合って、ひとつになる。

ただただ、自分のままに私を感じ続ける、そういう時間を過ごしたのち、何が生まれるでしょうか。

幼少時代から、土や草のにおいがする山や木、 川のある風景が自分の居場所でした。
蝉のぬけがらや樹液が固まったものを集めたり、 虫や木、草花、動物と触れ合うことが、 自分を知るきっかけになってきたように今は思います。

私は神話や民話、絵本・児童文学、文化人類学・民俗学という 世界への興味が未だ尽きないのですが、 自分の心が動いているときは、自分が今生き生きと存在しているとわかります。

充分に自分のからだの内側にある世界を感じる時間をもつこと、 すぐに名前をつけて整理してしまう前に、 ただそこに存在するモノに触れる時間をもつこと。

自分を生きるために必要なそんなことを、 アートとからだを通じ、この穂高養生園の場所の力も活かして 提供したいと思っています。

日程:
2018年8月31日(金)~9月2日(日)
参加費:
48,000円
最小催行人数:
5名
案内人:
津山文子(アトリエBambini)
  • *宿泊費、食費、プログラム参加費のすべてを含みます。

ご予約はこちら

ワークショップスケジュール

1日目

■13時
里の家にチェックイン/入浴・宿泊棟へ移動
■15時半
WSガイダンス・ウェルカムワークショップ
■17時半
夕食
■19時
ワーク①(焚き火を囲んでチェックインのシェア)
■22時
消灯

2日目

■8時
森の散策
■10時半
朝食
■12時
ワーク②
■15時
入浴&自由ワーク③
■17時半
夕食
■19時
ワーク④
■22時
消灯

3日目

■8時
ワーク⑤
■10時半
朝食
■12時
鑑賞とチェックアウトのシェア
■14時
解散

●予定しているのはこんなワークです。
「呼吸のかたち」
「火のワーク」
「ワタシの森にあるモノは?」
「夜の森で…」
「ワタシが求めるものは?」

津山文子

案内人プロフィール

津山文子

「アトリエBambini」主宰。
福島県出身の大阪育ち(両親は北九州出身)18歳から現在に至るまで東京に暮らす。
心理学、色彩心理学、芸術療法、ゲシュタルトアウェアネスプラクティス、表現アート、ボディワークなどを学ぶ。
主な活動は、子どものアトリエのインストラクター、個人向け出張アトリエ、アートイベントの開催、企業向けコミュニケーションとしてのアートワークショップ、大人のグループワークショップなど。
特に、ここ数年はアートをツールに個人セッションやグループワークショップに力を入れている。
また自宅ではアートワーク以外にマッサージのセッションも行っている。
趣味は、散歩、動物(特に猫、犬)、空手、絵を描くこと。

Page top