ワークショップ Workshops

Home > ワークショップ Workshops

2019年10月11日(金)~14日(月・祝) 北アルプス・燕岳トレッキング&リトリート
~心と身体をよび醒ます、山の神さまに会いに~

北アルプス・燕岳トレッキング&リトリート 北アルプス・燕岳トレッキング&リトリート 北アルプス・燕岳トレッキング&リトリート 北アルプス・燕岳トレッキング&リトリート

北アルプスの山頂には、異世界がひろがっています。
一歩一歩、自分の足を頼りに雲上の世界へ行ってみませんか。

養生園から一番近い北アルプスの頂、燕岳。
急登ではあるものの、北アルプスのなかでは比較的登りやすいため登山初心者の入門コースとして知られています。

秋の紅葉がはじまったこの季節に、美しい景色を。
頂上で広げるお弁当は、きっと何よりのごほうびになります。
今回、燕岳へご一緒するのは登山ガイドの草彅滋(くさなぎしげる)さんと山を愛する養生園のスタッフたち。

大自然という神さまに出会い、心身が持つ本来の姿を取り戻す旅。
すこしだけ自分の限界を超えるようなこの挑戦が、きっとこの後の人生をちから強く応援してくれるはずです。

下山したら、源泉掛け流しの温泉へ。
養生園に帰り、ゆったりもう2泊、ヨーガやセラピーでじっくりリトリート。
異世界への旅と、心地よい疲労感、登山の思い出を胸に刻みながら、身体を癒します。

日程:
2019年10月11日(金)~10月14日(月・祝)〔3泊4日〕
参加費:
58,000円
最少催行人数:
5名
登山ガイド:
草彅滋(くさなぎしげる)
案内人:
養生園スタッフ

※料金は宿泊費、食費、プログラム参加費、保険料のすべてを含みます。

ご予約はこちら

◉参加条件

  • ・10代~60代の方
  • ・普段、日常的に運動をしている、健脚な方
  • ・登山の経験がある方(低山を含む)
  • ※燕岳は急登のため、長い登り道・下り道が続く、健脚向けのコースです。
  • ※コースタイムは1日トータルで10時間近くになります。
    • ◉持ち物

      • ・トレッキングシューズ
      • ・登山用レインウェア(防水透湿素材のもの上下)※風が強い時のウィンドブレーカーとしても使用します。
      • ・化繊またはウールの靴下、肌着、シャツ、ズボン(綿素材はNG)
      • ・ダウンジャケットまたはフリースジャケット
      • ・帽子
      • ・トレッキングポール(初心者は必ず)
      • ・水筒(2L以上入るもの)
      • ・薄手の手袋(軍手でもOK)
      • ・ヘッドランプ(持っている方のみ)
      • ・おやつ(キャンディーなど)※行動食は養生園でも少しご用意します。
      • ・登山用ザック
      • ・保険証

      スケジュール

      1日目

      ■13時
      里の家へチェックイン・宿泊棟へ移動
      ■15時半
      ガイダンス
      ■17時半
      夕食
      ■18時半頃
      服装・持ち物確認/パッキング
      ■21時
      消灯

      2日目

      ■5時半
      登山口へ出発(車移動)
      ■6時半
      登山開始(途中休憩・行動食など)
      ■11時半
      頂上到着・お昼休憩
      ■12時半
      下山開始
      ■16時
      温泉入浴(有明荘)
      ■17時
      養生園へ移動(車移動)
      ■17時半
      夕食
      ■22時
      消灯

      3日目

      ■8時
      ヨーガ
      ■10時半
      朝食
      リラクゼーションタイム(セラピー・温泉入浴・カフェでまったりetc…)
      ■17時半
      夕食
      ■18時半
      焚き火
      *セラピーは料金別途。詳しくはこちらをご覧ください。
      ■22時
      消灯

      4日目

      ■8時
      原生林散歩
      ■10時半
      朝食
      ■12時
      シェアリング
      ■13時
      解散
      • ※宿泊は全て穂高養生園です。
      • ※天候により2日目の登山が3日目に変更となる場合があります。
      • ※悪天候が続く場合は、やむおえず登山を中止し、他のプログラムに切り替える場合があります。
草彅滋(くさなぎしげる)

登山ガイドプロフィール

草彅滋(くさなぎしげる)

可能な限り自給自足の生活を目指した両親と共に、幼少期に信州の小村へ移住する。
進学後、東京で生活するも、里山での暮らしの楽しさが忘れられず、信州へ舞い戻る。
上高地や里山の自然ガイド、北アルプスを中心とした登山ガイドとして活動。
冬は白馬のスキーリゾートの一つでパトロール隊を率いる。

Page top