ワークショップ Workshops

Home > ワークショップ Workshops

2022/10/21(金)~23(日)~怖れを手放し、心を平和にする話の聴き方~ アティテューディナル・ヒーリング

アティテューディナル・ヒーリング 「アティテューディナル・ヒーリング

「あの人は私のことをこんなふうに思っているのでは?」
「私を苦しませるのはあのできごとのせい」
「自分があんなことを言わなければ」
恐怖や不安、怒り、自責の念、そんな感情にとらわれて”敵”ばかりの生活になっていませんか。
人に対する批判的な姿勢は、自分をもジャッジし、苦しみの根源となっているのかもしれません。
でも、私たちにはそのような「怖れ」を手放し、無条件の「愛」を感じながら平和な心とともに生きる道を選択する自由があります。

アティテューディナル・ヒーリング(AH)とは、こころの平和を唯一の目的とし、自分の責任でこころの姿勢(アティテュード)を選びとっていくプロセスです。

”人の話を聴く”というシンプルなワークのなかで、怖れをつくりだす過去や未来からきこえてくる雑音を手放して、相手の話を「聴く」ことだけにこころをおきましょう。

このワークショップでおこなうのはただひとつ、過去のデータベースも未来も手放して、今この瞬間の音、人の話を聴くこと。

そうすることで怖れはおのずとなくなり、こころの平和を感じるでしょう。

今回のワークショップは、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン事務局長の安斉知子さんをファシリテーターとして招いておこなう、AHの入門・実践編。

AHでめざすプロセスはどんなものなのか、
どうしたら「今」この瞬間に人の話を聴くことへ心を向けられるのか。
ひとつひとつを確認してからていねいに実践します。

「こころの平和を感じたい」「やすらぎを感じたい」
「こころの静けさを得たい」「穏やかなこころを持ちたい」
「内なる平安を感じたい」「こころを安定させたい」
「自分を好きになりたい」「怖れを手放したい」
「もうこれ以上人を恨み続けたくない」

どれかひとつでも ピンとくる方におすすめします。

人の話を聴くことが自分のやすらぎにつながっていく。
人の話をじっくり聴くっていいもんだな、そんな体験をしてみませんか。

★アティテューディナル・ヒーリングのくわしい内容はこちらをご覧ください。
アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン HP

日程:
2022年10月21日(金) ~23日(日)〔2泊3日〕
参加費:
68,000円(1人部屋)
60,000円(相部屋・2人部屋)
ファシリテーター:
安斉知子(アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン事務局長)
  • ※料金は消費税10%、宿泊費、繁忙期料金、食費、プログラム参加費のすべてを含みます。
  • ※相部屋をご希望の方はご予約時に備考欄でお知らせください。

★ゆっくりと養生園の滞在を楽しみたい方には前泊・延泊がおすすめです。新棟、里の家ともに1泊~可能。ご予約時にお知らせください。

※定員に達したため、受付終了いたしました。

◎以下の書籍をテキストとして使用します。

参加される方は、事前に購読し、ご持参いただきますようお願いします。

「怖れを手放す アティテューディナル・ヒーリング入門ワークショップ」

著者:水島広子 

出版社: 星和書店 ISBN-10: 4791106903

★amazonでの購入はこちら

  • ※書籍の代金はワークショップ参加費には含まれません。お近くの図書館で借りて頂いてもいいでしょう。ワークショップのなかで再度内容を確認しながら進めますので、時間のない方は目を通しておく程度で大丈夫です。

ワークショップスケジュール

1日目

■13時半
里の家にチェックイン/入浴・宿泊棟へ移動
■16時
WSガイダンス/森エリアの案内
■17時半
夕食
■19時
ワーク1(AH入門)
■22時
消灯

2日目

■8時半
原生林散歩
■10時半
朝食
■12時
ワーク2(AHグループ体験)
■15時
入浴
■17時半
夕食
■19時
ハーバルサウナ
■22時
消灯

3日目

■7時半
ワーク3(AH実践)
■10時半
朝食
■12時
シェアリング
■13時
解散
  • ※スケジュールは多少変更になる場合もあります。ご了承下さい。
安斉知子

ファシリテータープロフィール-

安斉知子(あんざいともこ)

アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン事務局長。公認心理師。

2007年よりアティテューディナル・ヒーリング・ジャパンの活動に参加。

現在、ワークショップ・ファシリテーターとして、AHジャパン・センター(麻布)で入門ワークショップ、AHグループ、スカイプでのAHグループを担当。

2013年からは地方での入門ワークショップも行っている。